1+1=2に納得できなかったエジソン

▼発明王のトーマス・エジソンさんは、学校で先生から1+1=2を習ったとき、2つの粘土をくっつけたら一つの大きな粘土になる、と言って納得できなかった、というエピソードがあります。▼その後、エジソンはどうやってこの問題を理解したのでしょう。数に着目するのか、量に着目するのか、どの視点で対象をとらえるのかによって答えが違う、と考えたのでしょうか。

エピソードの出所:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%A8%E3%82%B8%E3%82%BD%E3%83%B3