子供時代の学び方 W・O・ベントレー やりたいことに忠実

W.O.ベントレーさんは、車、自動車、レースカー、オートバイのエンジン設計者。高級自動車メーカーベントレーの創業者。▼1888年、イギリスの裕福な家庭の息子として生まれ育つ。機械が好きだったので、科学教育に力を入れるClifton Collegeで技術を学んだ。▼16才でGreat Northern Railwayに見習いエンジニアとして働く。この経験から、自分の将来は鉄道ではないと判断する。King’s College Londonで技術の理論を学ぶ。▼1912年にフランス車を販売する兄の会社Bentley and Bentleyに合流する。ペーパーウェイトからエンジンのピストンにアルミニウム合金を採用するというヒントを得る。このエンジンがレースで結果を出す。第一次大戦中は、イギリス空軍用のエンジン開発に協力、戦後は自動車メーカーのBentley Motors Limitedを起業する。▼ベントレーの車はル・マン24時間耐久レースで優勝して名を上げ、自動車狂の富裕層に好まれる。しかしレースは金がかかり、会社は左前になった。

https://en.wikipedia.org/wiki/W._O._Bentley https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%AB%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%BC https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%BC

A Bentley Centenary – Benjafield’s Racing Club Celebrate 100 Years Of Bentley Motors | M1TG

The Bentley Boys | Playboy Racers of the 1920s | Exhibit at OHTM