子供時代の学び方 フレデリック・H・ロイス 小2で生活のために働く

フレデリック・ヘンリー・ロイスさんは、イギリスの高級車メーカーロールス・ロイスの共同設立者。1863年、イングランド生まれ。父親が事業に失敗して病死したため、ロイスさんは1年で小学校を辞め9才から新聞売りや電報配達の仕事を始めざるを得なかった。15才から仕事をしながら学べる制度 apprenticeship を利用し鉄道会社に見習いとして入る。しかし、3年で資金が尽きたので辞め、ロンドンの電灯・電力会社で働いたり、リバプールで道路や劇場の照明を手掛ける。
▼1884年、21才のとき友人とF.H.Royce and Companyを起業。会社を設立して10年すると自社製品の発電機やクレーンが売れるようになる。1899年にRoyce Ltd に改組。しかし、発電機もクレーンもドイツ製やアメリカ製の優れたものが登場しはじめた。そこで新事業として車を手掛けることにした。▼車を購入したものの不満だったので、エンジンを自分で改造して販売した。その車を買った客がロールスの友達だった。その人が1904年にロールスとロイスが出会う機会を設けた。そのときロールス27才、ロイス41才。販売に才能があるロールスはロイスの作るエンジンの良さを認め手を組むことになった。これがロールス・ロイスの始まり。

https://en.wikipedia.org/wiki/Henry_Royce https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%AC%E3%83%87%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%98%E3%83%B3%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%AD%E3%82%A4%E3%82%B9