子供時代の学び方 フェルディナント・ポルシェ とことん学ぶ

フェルディナント・ポルシェさんは自動車メーカーポルシェの創業者。1875年、チェコ生まれ。幼少から機械技術に強い適性を見せていた。昼は父親の板金工場の手伝いをし、夜、地元の帝国技術学校に通った。18才でウィーンに出てベラ・イーガー電気会社 Béla Egger Electrical company に入る。仕事が終わると近所の大学に忍び込んで聴講していた。これ以降、ポルシェさんは高等教育機関で教育を受けていない。▼1898年、宮廷用馬車を製造するJakob Lohner & Companyに入った。静かに走る宮廷用電気自動車を製造するため、ポルシェさんの力が必要だった。ここでポルシェ設計第1号車を完成させる。23才。▼その後、1906年にDMGの子会社Austro-Daimlerにチーフデザイナーとして移籍し大活躍が始まる。

https://en.wikipedia.org/wiki/Ferdinand_Porsche https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%8A%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%9D%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%82%A7