子供時代の学び方 ゴットリープ・ダイムラー 頭と手そして判断

ガソリンエンジンを発明し、自動車の開拓者、ゴットリープ・ダイムラーは1844年、ドイツ生まれ。小学校を出た頃から技術に興味を持ち、14才から銃職人のもとで修業。4年後、自分の進む道ではないと判断し、機械加工を学ぶため専門学校に入学。そこは工場学校 the factory college と言われる実践的教育の学校。日曜午前に行われる特別授業にも出て猛勉強。指導教員の助手になり、働きが認められ、22才にして蒸気機関車製造主任に指名される。▼さらに技術を磨くため大学に入って2年間学んだあと、蒸気機関には見切りをつける。どんな移動体にも取り付けられる小型・高性能エンジン作りを目指し、最新技術を学びにイギリスに渡る。▼この軌跡から、ダイムラーには作りたいもののイメージを持っていて、その実現に向かって理論と技術を学び、現物を作り続けるタイプであることが伺える。

https://en.wikipedia.org/wiki/Gottlieb_Daimler

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B4%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%BB%E3%83%80%E3%82%A4%E3%83%A0%E3%83%A9%E3%83%BC