子供時代の学び方 エミル・ジェリネク 学校になじめず

エミル・ジェリネクさんはメルセデス(ベンツ)の名付け親で高級自動車産業を興した事業家。1853年、ドイツ生まれ。▼学校の勉強は苦手で集中できず、いくつかの学校を中退している。悪ふざけばかりのエミルに親はがっかり。鉄道会社に仕事があるのを見つけて、17才になったエミルを就職させる。しかし、2年後、列車の夜間レースをやっているところを経営者に見つかって首。▼1881年、保険会社で働いていたエミルさんは結婚。1889年に生まれた娘にメルセデスと名付ける。車のディーラーとしてDMGのマイバッハに製造してもらった車の商品名にした。その車がレースで勝ち、販売が大成功しメルセデスは世界的なブランドになった。▼メルセデスMercédès には、好意 favor、親切 kindness、慈悲 mercy の意味がある。

https://en.wikipedia.org/wiki/Emil_Jellinek

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%82%A4%E3%83%A0%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%84