塩素Cl元素の発見 H・デービーさん(3) 正体不明の対象から要素を選り分ける達人

元素の発見に大きな貢献をしたデービーさん。デービーさんが報告するまで塩素Clは化合物と思われていた。しかし実験で元素であることを示した。

ハンフリー・デービー Sir Humphry Davy 1778-1829
プロフィール → 6月27日、28日参照

▼塩素Clの発見、命名
1801年(23才)王立研究所のスタッフになってからは化合物を電気分解して元素を見つける方法に熟達する。
1810年(32才)塩酸を電気分解すると水素と塩素が得られ、酸素は出てこない。そこでシェーレ氏の認識は間違っていてClは元素だと指摘。気体の色が黄緑色なので「黄緑色」を意味するギリシャ語からchlorineと命名した。

▼先立つ発見
1774年、スウェーデンの化学者カール・ヴィルヘルム・シェーレ氏(6月29日、ベルセリウスさんの師匠)が二酸化マンガンと塩酸を加熱して塩素を単体分離。分離した気体を観察して、リトマス染料を脱色する、虫を殺す作用がある、色は黄緑色などの特徴を把握。しかし、酸素を含んだ「化合物」と認識。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A1%A9%E7%B4%A0#%E6%AD%B4%E5%8F%B2
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%95%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%87%E3%83%BC%E3%83%93%E3%83%BC
THE MYSTERY OF MATTER: SEARCH FOR THE ELEMENTS | Davy’s Greatest Failure | PBS