マックス・プランクさんの関係者(10)単位の名前で今に伝わる:W・ヴェーバーさん

▼プランクさんとヴェーバーさんの関係は、論文がらみの話。プランクさんがキール大学でassociate professorをしていた27才のとき、ゲッティンゲン大学主催の論文コンクールに応募した。結果は1等なしの2等。その理由は、プランクさんの論文の内容がヴェーバーさん(81才)の理論と対立するものだったから。
▼こんな短いエピソードからも、新旧の対立を穏やかに収める知恵、ドイツの大学や学問の伝統などが想像できて楽しい。
▼ヴェーバーさんは新しい王が憲法を停止したことに抗議して大学の職を失う。「ゲッティンゲン七教授事件」という。この中にグリム兄弟もいた。
▼ガウス先生との通信用に電信装置を作り、これが世界初の電信の実用になった。

ヴィルヘルム・ヴェーバー Wilhelm Weber 1804-1891
1804年、神聖ローマ帝国 ヴィッテンベルク生まれ。父は神学教授。
教育
1814年(10才)家族でハレに転居。
1822年(18才)ハレ大学入学。シュワイガー先生の下で音響学を学ぶ。
1826年(22才)ハレ大学で博士。リードオルガンの音響に関する研究。
1827年(23才)教授資格を取得。
活動
1828年(24才)ハレ大学員外教授。ベルリンで開かれた学会でガウスさん(51才)と知り合う。ガウスさんはゲッチンゲン大学の教授で天文台長。
1831年(27才)ガウスさんの推薦を得てゲッティンゲン大学で教授(物理学)。ガウスさんと地磁気や電磁気の単位系の共同研究。
1833年(29才)ゲッチンゲン地磁気観測所を設立。電信装置を製作し観測所と天文台の間に回線を引く。世界初の実用的電信装置
1836年(32才)地磁気観測を開始。
1837年(33才)新しい王による憲法停止に抗議したため失職(ゲッティンゲン七教授事件)。
1840年(36才)ヘルムホルツさんの検流計をもとに交流の電流や電圧が測定できる電流力計(ダイナモメーター)を製作。ガウスさんが磁気の単位を定義している一方で電流の単位の定義に挑戦。
1841年(37才)地磁気観測の結果をまとめ、世界初の磁気地図として発表。
1843年(39才)ライプツィヒ大学で教授(物理学)。
1846年(42才)ダイナモメーターで2本の導線間に働く力を正確に測定。導線中の荷電粒子に働く力を方程式で表現(ヴェーバーの法則)。
1849年(45才)ゲッティンゲン大学で教授(物理学)に復職。天文台長兼任。
1852年(48才)ガウスさんと共同で電磁単位系を発表。ファラデーさんが発見していた反磁性をアンペールさんの分子電流モデルで説明。
1856年(52才)論文でヴェーバー定数Weber’s constantを発表。「c」が光速の記号の元になる。
1871年(67才)電気は荷電した粒子の流れと発表。電子論のさきがけとなる。
1881年(77才)国際電気会議でW・トムソンさんがヴェーバーの単位系の採用を提案、承認。
1891年(87才)ゲッティンゲンで死去。

▼師匠・弟子・関係筋
師匠
□ ヨハン・シュワイガー Johann Schweigger 1779–1857 化学者・物理学者・数学者。
弟子
□ Ernst Abbe
□ Friedrich Kohlrausch
□ Eduard Riecke
□ Gottlob Frege
□ Arthur Schuster
関係筋
■ フリードリヒ・フンボルト Friedrich Humboldt 1769-1859 関係:ベルリンの学会でガウスさんを紹介してくれた。
■ カール・フリードリヒ・ガウス Carl Friedrich Gauß 1777-1855 関係:同僚、共同研究者。
□ グリム兄弟 Brüder Grimm 関係:ゲッティンゲン七教授事件で一緒にクビになった。
■ ヘルマン・ヘルムホルツ Hermann Helmholtz 1821-1894 関係:ヘルムホルツ検流計を改良してダイナモメーターを作った。論争相手。
□ ルドルフ・コールラウシュ Rudolf Kohlrausch 1809–1858 ドイツの物理学者。関係:ヴェーバー定数を共同して測定。
■ マイケル・ファラデー Michael Faraday 1791-1867 関係:反磁性の理由を説明。
■ ウィリアム・トムソン William Thomson 1824-1907 関係:ヴェーバーの単位系の採用を国際電気会議で提案。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%AB%E3%83%98%E3%83%AB%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%BC